保全の名人かもしれない、自身

重ね重ねカミさんというメニューなどを買いつけ、レジ清算をした空間に最近は当たり前のマイエコバッグにものを詰め込む際や家に戻ってきて冷蔵庫にメニューを収納するのってヒトにより強敵手当が違うのではないかといま思うようになった。
カミさんの食材なんかを収納するときの手当がどうもむかつく。しっかり空間が無くかつ、壊れないような整備された納め側にならないのだ。けれどもそれをおもむろに注意したりするのは気がひけるから黙って自分のやりたいように直すのをデイリーとやる。きちんと「重箱のスミをつつくようなことで手掛けるんじゃないよ」と配慮の一言を添えて。
いざ、自分が納めてみると我ながらなんでもきっちりと、すっきりと品物が減るのである。
たとえば配送をエコバッグにいれる時もある品物をすっと判断してこれをこうすればかしこく収まるな、がわかってしまう。ですから中心の品物の格納は自分がやり、カミさんが最後にチェックして「グッ、ジョブ!」のお墨付きを頂くとどうにも偉くなったような気分になるのが最近の人。http://xn--t8j4aa4nqk4b9a4m2erg2891bt73d71we.jp