図書を読めばよかった

映画「麒麟の翼アマチュア・劇場バージョン」を見た。日本橋の欄干にもたれるようにして倒れているインサイド年男(中井貴一)。胸を刺された旦那のやり方に白い折鶴が一種。
その少し上に近くで生業クォリティを受けた青年がその男子の手提げ袋を持ってあり、屈強嫌疑人に。
未成年が派遣で働いていた作業場です災禍で生業を失うが、原則労災特定がなるべき災禍を職場は隠していた。その責任者が死者であり、マネーに困っていた未成年が恨みもあって殺したのだろうというコースで警察官のリサーチも進んでいたのだが・・・
阿部寛演じる店頭の加賀という警官が質問をもらい、真実を探って出向くというコメントで、多分、こりゃ映画にする必用もなかったような作品でTVドラマを大きな画面で見せられているような気がますますしていた。
映画みたいに燃える店頭も無く、セリフで説明してしまっておるような店頭もあり、親身といえば親切なのだろうが、まどろっこしい意味限りがない。
新垣結衣が几帳面な青年の主人を好演していたが、あえて言えばと言う結果更にどうしてと言うことも無し。これはとにかく書籍を読めばそれで良いのだろうな。http://www.speelgoedbanknieuwegein.nl/