教科書を読むのが得意な者です。

小さい頃、書籍を読むのが至極拒否でした。たいていイマジネーションが足りなかったのでしょうか書籍を読んでもてんで面白くなくて、倦怠で極ムシャクシャでした。なので、小中ナンバーといった国語が音痴プログラムでした。
そんなわたしが書籍をよむようになるきっかけになったのは社会人になって出会ったとあるプロフェショナルの一言でした。その方はとても優秀で、とある著名私鉄電車の人事部に所属していました。四六時中、人事関連の仕事をし、新卒の任命時になると面接を一日に何百皆さんとするらしいだ。先の実話を聞いているようでそわそわしながら聞いていたのを覚えています。
そのプロフェショナルが言うには、普段から書籍を読んでいるか読んでいないかは、面接ですぐにわかるようです。今まで数多くの新卒をわずか数量分の相談でその品性を判断し、採用するか採用しないかを決めてきたほうが言うと妙にウェイトがあります。
「イマジネーション」「辛抱」「制約才能」「肝ったま」労働シーンで必要とされる技量の塊を本読みで培うことができるって証拠されました。
そうしたらは本読みにのめり込みました。今まで読んでいなかった食い分もむさぼるように読みました。プロフェショナルがいう才能がわたしについたかはわかりません。プロフェショナルの独善類偏見だったかもしれません。
ですが、そのプロフェショナルのお陰で感動的な素材や色んな背景へという旅することができました。
書籍との鉢合わせを作ってくれたプロフェショナルとの鉢合わせにサンキュー。http://www.バルクオムの真実.com/