DVD『凡庸・シモン』批評

最初に断っておきますと、僕アスペルガー症候群のボーダーライン(傾向はひとつ乗っかるが、指定診療はつかないレベル)のようなことがあり、アスペルガーの傾向は関連書籍で育成済みだ。その上で本作品を見ると、シモンはこうした雑誌に書き込みが生じる傾向を完全揃えているので、「あぁあんな実態当にあったなぁ」と復習に上るような見方がありました。

 本作品は、純粋にコメディとしては満足でした。ヒロインがドラム缶の宇宙船にある最初の有様から笑わされました。アスペルガーの傾向がやけに誇張されているので、ヒロインの定説に振り回される周りのバタバタは、実際にはここまではあり得ないだろう、とおもうくらいでした。全ての取り組みを分刻みの月日で収拾し、周りの人にもその月日の厳格な順守を要求する様に、テレビ番組「Oh!マイキー」の時刻ちゃんを思い出しました。

 最近は映像を見てもパワーが途中で切れてしまうことが多かったのですが、こういう映像は暇が短目(86当たり)なのもあるでしょうが、アクシデントがどっさり起こり、めずらしく最後まで皆目心掛けが逸れずに食い入るように観て、「え!今やこれでおわり?!」と見まがうくらいでした。

 ただ、極めて笑って観終わってから、心に引っかかった所が3つありました。
 一部は、アスペルガーについて勉強したことがない標本向上(向上厄介が薄い)のほうがこういう映像を見ると、シモンの感覚がアスペルガークライアントの典型として植え付けられてしまうのではないか、ということです。傾向の素振りは完全に人それぞれであり、レベルもバラエティー。シモンのように、型どおり誌にある傾向を完全、誰の目にも非常に解り短い程度で兼ね備えた人物はきっといないでしょう。正に本作品の脚本うちも、アスペルガーの人々のために最高峰上映を行ったところ、9割程度の人達は、彼の持ち味はアスペルガーの特色と世間における支障をそれほど捉えているとは受け入れるものの、シモンと丸ごとな人物はいなかったようで、シモンは僅か大げさだという反応もあったようだ。アスペルガーの人物全員がシモンの持つ傾向をみんな秘めるわけではなく、従って接し方にも皆様に共通のテキストはなく、個々人の傾向の素振りを確かめる必要がある、ということがこういう映像だとぜんぜん伝わらないと思います。ひとつひとつ異なる傾向を秘めるアスペルガーの人達が出てくる映像があれば良いと思いました。

 次は、アスペルガーを「独特」「パーソナリティー」ではなく、日本のように(向上)「厄介」として受け止める件、このように笑いものにして良いものか、ヒヤリングが残りました。標本向上の人目には奇異に写っても、本人は馬鹿馬鹿しいとは何となく大真面目にやるので、こういう映像をきっかけに、アスペルガーの幼子の取り組みが笑いの根源に達するようなことがあったら、本人は傷つくのではないかと思いました。

 3つ目は、称号の「ワンタッチ」はEnglishで「知能指数が低」という目論見なので何だかそぐわない気がしました。「ワンタッチ・シモン」は英国主題をカタカナにした小物なのでしょうか?

 それでも、アスペルガーの人物をヒロインにした映像を撮るという、たいてい状況初の試しは勿論賛美に値すべきです。それに、自閉症ヒューマンは、天才的な使途があり、それを活かした仕事をしているようなイメージで語られることが多い気がしますが、シモンはそれには当てはまらない(物理に明るくても清掃の仕事をしている)という所も、どんどん大多数のアスペルガークライアントの現実に間近い描きヒューマンでリアクションすべきだと思いました。背が伸びるサプリメント