えんぴつはカッターで削ります

私の取り得はカッターでボールペンを留めることです。往時、父ちゃんがしげしげとボールペンを得意げにカッターで削っていましたが自らは電動のボールペン削りを使っていました。大人になりボールペンを扱うことがなくなりましたが眉毛を描くアイブロペンを使うようになると、カッターで削ったほうが描きやすいし長持ちするのでカッターを使うようになりました。そうして三男が小学校に向かうようになり初めは独りのボールペンけずりを使っていたのですが面白がって無駄にボールペンを止めるので独りのボールペン削りをとりあげて身辺せっせと僕がカッターで削ったボールペンをアカデミーにとって行かせるようになりました。三男も高学年になり無駄にボールペンを削ったり引き上げるジェネレーションもないので独りのボールペン削りを使ったら?という、勧めてみましたが「マミーがカッターで削ってくれたほうが書きやすい」との事業。三男は筆圧がややこしいので芯を削りすぎると書きにくいようです。それで私も依然頼まれるという朝からせっせ、せっせと、カッターで三男のボールペンを食い止めるのですがカッターで抑えるボールペンなんてアカデミーインナーさがしても何者独りいないようで、名称を書き忘れたボールペンも本当に三男のところに戻ってきます。医者や個々がみつけてくれても削り方をみて三男のものだと気づいてもらえるようです。三男から見ると今の僕は、断じて父のように得意げにボールペンを削っているのでしょうね。xn--3ck6em.jpn.com